誰しもが定年まで好きな仕事
できるわけではないと思います。

様々なご事情で
転職タイミング
逃してしまうこともあるでしょう。

宅建試験受験資格がなく受験できるので
どんな方にも魅力的だと思います。

宅建試験は高齢者でも合格できるのか?

定年後でもおすすめの資格なのか?

再就職のことなども含めて
解説していきたいと思います!

sponsored link

宅建試験の最高齢合格者の年齢は?高齢者でも合格できる?

宅建試験の史上最高齢合格者は
90歳の男性です。

本当にすごいことではありますが
年齢関係なく合格できることを
この方が証明してくれていますよね!

また
毎年のように70歳~90歳までの
高齢者の方が合格されていますので

どんな方にもチャンスはあります。

定年後でも宅建取得はおすすめ?高齢者再就職に役立つ?

不動産カード

定年後でも宅建取得はおすすめです。
高齢者の方でも再就職に役立つといえます。

その理由を解説していきます。

定年後の自由時間に勉強できる

定年前の現役でお仕事をされている場合
平日も休日もご予定がびっしりの方も多いでしょう。

勉強するモチベーションを
維持することも難しいかもしれません。

しかし
定年後であれば
自由な時間を作ることも可能で
そうなってくるとおのずと
勉強時間を確保できるでしょう。

定年後や高齢者の再就職に役立つ

交渉

宅建の取得は不動産業界への再就職に有利です。

もちろん若い人材の方が
就職率は高くなりますが
宅建を持っている『シニア世代』も
歓迎する求人もチラホラ目にします。

特に不動産屋の事務所には
5人に1人以上の宅建士がいなければならないため
不動産業界における宅建士のニーズは高い傾向にあります。

以上のことから
宅建資格者であれば
シニア世代向けの求人を
みつけることで
再就職は可能であると言えるでしょう。

定年後に独立を目指せる可能性は?

仕入れ

定年後に資産に余裕があれば
宅建士の資格を持っていれば
独立することも可能です。

しかし
不動産屋を独立開業しても
簡単に仕事が舞い込んでくるわけではありません。

ただし
ご定年までのキャリアの中で
人脈などがある場合には
そのようなことも含めて
独立を目指せるチャンスはあるでしょう。

最後に

誰しもが定年まで好きな仕事が
できるわけではないと思います。

様々なご事情で
転職のタイミングを
逃してしまうこともあるでしょう。

宅建試験は
定年後でも高齢者の方でも
おすすめの資格です。

時間数を確保して
しっかり勉強すれば
合格は可能なので
魅力的な資格と言えるでしょう。

宅建など些細なお悩みは
公式ラインのチャットで
お気軽に受け付けています!
▼▼ライン公式▼▼