毎年20万人近く受験する
人気国家資格宅建試験

ただ何となく受けるだけでは
モチベーションも
上がらないかもしれません。

この記事では
宅建の取得を検討している人向けに
宅建士年収
様々なメリットについて解説していきます!

sponsored link

宅建士の資格を取るメリットは?

そもそも
宅建士の資格を取ると
どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは2つに分けて解説していきます!

資格手当がもらえて給料が上がる

お金

宅建士の資格を取得して
企業に勤務すると
資格手当がつくメリットがあります。

手当の金額は
1~5万円と幅があり
企業によって異なりますが
高額な手当てがつく企業もあるのも事実です。

転職や再就職の場合は
手当がつく企業を選ぶことができるという
メリットが存在します。

例えば…

会社勤めのAさんの場合は
宅建手当が月に3万円であれば
年36万円の価値が生まれます。

これが10年になると
360万円ですから
大きな金額になってきますね。

無駄な個人情報登録一切なし!
下記の簡単無料メール登録で・・・・

①【返信型】分かりやすい解答解説付き過去問一問一答

②【市場に出回らない】宅建技あり勉強法

上記に二点を利用して合格に一直線に近づけちゃいます!!

☟簡単無料メール登録はコチラから!

みんな知らない宅建講義(みんたく)

就職活動に有利

これは一般的に考えても
なんの資格も持っていない人と
持っている人ではそれだけでも
変わってきます。

いくらやる気があっても
就職の面接というのは
一定期間で決まりますよね。

転職でも再就職でも
新卒面接でも宅建士の資格は有利に働きます。

特に
宅建士にしかできない
仕事もあるので
就職に有利です。

宅建士は年収は?

宅建士になっても
年収はバラツキがあります。

大企業に勤務した場合
平均年収は600万円前後といわれています。

中小企業の場合は
500万円前後と低くなってしまいます。

また
仕事内容によっても
変わってくるので
事務作業のみになってしまうと
さらに下がってしまうでしょう。

高い年収を確保したければ
大企業で営業職から
スタートして管理職を目指していくべきです。

宅建士の年齢別の平均年収☟
年収

独立したら年商は?

住宅ローン

宅建士の資格さえ取得してしまえば
一人で独立して開業することが可能となります。

独立開業した場合
仲介手数料は全額収入となりますから
自分の頑張り次第では
年商も無限大といえます。

ただし
現実はとても難しく
普通のやる気では
厳しいのも現実です。

また
実際に開業するとすると・・・

・開業資金
・人件費
・協会費

などの資金も必要となってきます。

何事もそうですが
やる気があって
継続する力があれば
成功するといわれますが
なかなかの頑張りが必要だということは
覚えておきましょう。

独立すれば仲介手数料も
全額自分の会社に入りますが
それでも3000万円のマンションの取引をしても
手数料は96万円なので
月に一件では物足りないです。

ただし
5000万円の土地を購入して
1億円で売れば
年商は1億円になりますので
知識と行動力で
大きなお金を生む世界だということは
間違いないでしょう。

最後に

宅建試験に合格して
宅建士の資格を取得するメリットを解説しました。

やはり大切なのは
資格を取得した後の
就職の企業選びです。

できるだけ
資格手当のある企業を
選んでいきましょう。

また
かなり厳しい世界ではありますが
やる気次第では大きなお金を動かす業界ですので
独立することも選択肢としてあることを覚えておきながら
頑張っていくと良いです。

※些細なお悩み相談無料で解決!※

宅建に関することや
些細な悩みなどメールで
受け付けております。

▼お気軽に下記のメールアドレスまで
info@fudosan-arekore.com

ライン公式・ツイッターも是非ご登録ください!

ライン公式だけ期間限定【チャット企画】など盛りだくさん!!

▼▼ライン公式▼▼
https://lin.ee/3SLhNbLqq

『暗記しておくべきポイント』を的を絞ってツイートします!!

▽▽ツイッター▽▽