宅建試験といえば
それなりに勉強しなければ
合格できない試験です。

一体いつくらいから
勉強準備をすれば合格できるのでしょうか。

早すぎても遅すぎても
問題はあるのか?

順を追って
解説していきます。

sponsored link

宅建勉強はいつから?

宅建の勉強はいつから行うのか
解説していきたいと思います。

試験日

コロナの影響で試験が年2回になっていますが
基本的には試験は年に1回です。

通常は10月の第3日曜日に行われています。
ちなみに申し込みは通常7月中旬です。

勉強はいつから始める?

勉強を始める時期は
個人差があるので決められませんが
ご自身の性格を考慮してみましょう。

私の場合は
結構飽き性なので
一年かけてやるよりも
集中できる期間にやりたいタイプです。

逆に集中力が継続しやすい人
一年かけてじっくりやることもアリでしょう。

ただし
ラストスパートが必ず必要になるので
最後の期間はなるべく予定は
全て勉強に使う気持ちでいることが
大切になってきます。

勉強時期は早すぎるてもダメ?!

勉強時期は早くてもOKだと思いますが
モチベーションの継続が難しいので
半年前くらいからでもいい気はします。

宅建試験で
挫折するパターンの多くが
モチベーションの低下が原因です。

人間ですから
好きなことには没頭できますが
よほど不動産が好きな方でないと
宅建にのめりこむのは難しいと考えます。

そのため
一年前からやるよりも半年くらいで
一気にやりこむくらいの方がいい人が多そうです。

もちろん
時間をかけてじっくりやっても
集中力が落ちない方は
その方法もアリだと思います。

ただし
勉強を早く始めても遅く始めても
最後の一か月は
真剣に取り組むようにしましょう。

どのくらい勉強すればいい?勉強時間は?

これは本当に個人差はありますが
一般的に言われている
200時間~300時間は少し少ない気がします。

この理由としては
短い時間数で知識の理解度を
ピークに持っていくのが難しいと言えます。

宅建の出題範囲はかなり広いので
試験の翌年には
問題すら覚えていないほどです。

できれば試験日に近いところで
宅建の知識をピークの状態に持っていくのが
理想となります。

個人的なおすすめは
500時間程度の時間数で
試験日に近いところで
ラストスパートがかけられるくらいの
ゆとりは必要だと考えます。

仮に500時間とした場合
半年で一日3時間程度
勉強する必要があります。

最後に

宅建勉強の準備期間について
解説しました。

個人差はありますが
一年の期間の中で
ご自身の性格に合わせて
調整してみてください。

しかし
最後のラストスパートの期間は
宅建勉強に全て使うというところは
意識しておくと合格に近づきます。

宅建など些細なお悩みは
公式ラインのチャットで
お気軽に受け付けています!
▼▼ライン公式▼▼