宅建合格には〇〇時間勉強必要

こんな話はよく聞きますよね!

しかし
効率よく勉強できる人は
少ない時間で合格を掴んでいます。

宅建の勉強時間の短縮について
解説していきます!

sponsored link

宅建の勉強短縮の鍵は?!

宅建の勉強短縮の鍵は
ズバリ「全体像の把握」
必要になります。

つまり・・・

「今日から勉強します!」

さあ参考書読もう~
というスタンスよりも
『試験対策のため
まずは全体像を把握しよう』と
考えることからスタートした方が良いです。

資格試験の初心者の場合は
ココが特に大事になるので
考えることから始めてみましょう。

宅建の全体像を掴んで勉強効率を上げる方法

テキスト

宅建の全体像を掴んで
勉強効率を上げる方法について
2つに分けて解説していきます。

本当の初心者の方は漫画から読む

いきなり何もうわからないところから
宅建勉強をする方は
最初の段階で参考書や過去問を
読んでしまうと
難しすぎてやる気が出なくなってしまうことも。

私自身もそうでしたが
まずは「宅建」という物自体の
イメージを作るには漫画は最適です。

漫画だとすんなり
イメージがわいてきますし
この一冊で勉強の進め方も見えてきます。

過去問ばかりやる期間を作る

マーク

最初の2週間でもいいですが
過去問を徹底的にやる期間を
作った方がいいです。

結論
過去問だけで
合格できるとは言い切れませんが
【過去の試験の傾向】
理解するには「過去問」が最強と言えます。

ここで重要になってくるのが
傾向を掴むことに加えて
「何を勉強しなくてもいい」と
いうことが見えてくるということです。

つまり
宅建試験の勉強範囲
すべてを理解することは不可能なので
過去問で全体像の把握をしたら
ここは「勉強しなくても良い」
判断できるようになり
結果的に勉強時間の短縮に
なるでしょう。

最後に

宅建試験に限らず
勉強時間の短縮は
誰でもしたいですよね。

実は勉強に慣れている人ならば
実践していることなんです。

そのためには
宅建試験の全体像の把握が
必要になります。

今回は
漫画や過去問の解説をしましたが
あなたの頭の中で
「全体像の把握」を意識するだけでも
何を勉強するべきなのか
見えてくるので是非実践してみてください!

宅建など些細なお悩みは
公式ラインのチャットで
お気軽に受け付けています!
▼▼ライン公式▼▼