人気国家資格宅建試験

受験資格があるのか気になりますよね?

他の国家資格では
年齢学歴実務経験など
受験資格があります。

公務員試験などは年齢による
受験資格がありますし
人気のFP
ファイナンシャル・プランニング技能検定1級は
実務経験は必要です。

今回の記事では
受験資格が気になっている人向けに
【宅建試験】
受験資格を徹底解説していきます!!

sponsored link

宅建試験の受験資格は?

マーク

「私は学歴もないし受験できるのか?」

「年齢が高齢だし受験できないのでは?」

結論から申し上げますと
宅建試験は誰でも受験できます。

「試験案内」に記載されている
「受験資格」の項目でも
「誰でも受験することができます。」と
なっています。

とはいえ
実務経験や国籍なども含めて
不安なこともあるでしょう。

そこで
宅建の受験資格について
丁寧に一つずつ解説していきます!

①年齢制限

宅建試験の受験資格には
年齢制限がありません。

なんと!
平成17年度試験では
90歳の男性が合格されています!

このような実績から
高齢者でも大いにチャンスのある
資格だといえるでしょう。

40代で全体の約20%
50代で全体の約10%
60台で全体の約3%

上記の年齢データから見ても
年齢で受験をあきらめる必要は
全くないでしょう。

暗記問題が多いので
高齢者の方は大変かもしれませんが
正しい勉強法で勉強すれば
合格することは全然可能です。

こちらの記事を是非ご覧ください☟
https://fudosan-arekore.com/

②国籍(外国籍)

宅建試験は
国籍も関係なく
外国籍の方であっても
受験することができます。

もちろん
試験問題は「日本語」
書かれた問題になりますが
受験が認められています。

③学歴

宅建試験は学歴も不問で
受験することができます。

実は平成7年までは
「高等学校卒業以上」という
学歴による制限がありました。

しかし
平成8年以降は学歴による
受験資格の制限が廃止されています。

最年少合格者は
12歳となっているようですね。

④実務経験

学歴と同じく
実務経験も平成7年までは
受験資格として必要でした。

内容は「2年以上の実務経験」が必要でしたが
この制限も廃止されています。

現在は誰でも受験することができるので
学生や主婦の方でも
全体の約10%ほどは受験しているのです。

宅建試験で不正を行うと受験できなくなる?

バツ 女性

ここまで宅建試験は
誰でも受験できる資格だと
解説してきましたが
不正を行ってしまった場合はどうでしょうか?

カンニングなど
不正を行ってしまうと
最長3年間受験ができなくなってしまいます。

せっかく勉強して
真剣に挑む試験ですから
間違っても不正などは
しないようにしたいですね。

まとめ

宅建試験には
受験資格はないことを解説しました。

個別指導の生徒さんの中にも
高齢者の方もいらっしゃいます。

時代も変わってきて
転職や就職にも
資格が有利に働くように
なってきているように感じます。

是非「受験資格」のない
宅建取得を目指しましょう!

※些細なお悩み相談無料で解決!※

宅建に関することや

些細な悩みなどメールで

受け付けております。

▼お気軽にお問合せください☟

https://fudosan-arekore.com/

『暗記しておくべきポイント』を的を絞ってツイートします!!

▽▽ツイッター▽▽