宅建試験過去問中心でも
不合格になってしまう理由は?!

解決策を具体的に徹底解説しました!

sponsored link

【宅建試験】過去問中心でも不合格になってしまう理由は?!

宅建試験の勉強においては
「過去問を中心」
勉強する事が合格の近道!と言われるほど
過去問は重要視されています。

過去問といえば
本試験問題ですから
4択問題の「多肢択一式」の問題ですよね。

もちろん
本試験の問題をよく理解することは大切ですが
4択問題を解いていくうえで
とても大切な事があります。

それは・・・・・

【問題と答えの意味をよく理解すること】

です。

ここを理解していないと
本試験で答えに辿り着くことは難しいです。

結果的に本試験で
不合格になってしまう原因になります。

意味を理解するための解決策は?!

宅建初心者の方や
勉強初期の方でも問題や答えの意味を
深める方法は存在します。

その方法は・・・・・・

2択問題である
【一問一答式】を
解いていく方法です!

2択問題である【一問一答式】の場合
単純に〇×の2択になるため
勉強としてはあまり意味がないと
4択の過去問よりも敬遠されがちだと思います。

過去問学習における一問一答式の最大のメリットは・・・・・

ずばり答えを明確に導き出さなければならない事です。

4択問題の場合
4つの中で一つを選んで
マグレ当たりのようなことが起きてしまうことで
正解した喜びだけが先行してしまい
【内容を十分に理解する】ことができません。

しかし
一問一答式の場合
2択なので〇なのか?×なのか?を
明確に答えを出さなければなりません。

もちろん50%で当たるので
マグレ当たりも頻繁に起きますが
それがマグレ当たりだったのか
本当に理解して正解したのかどうか?は
本人が良く分かっています。

つまり・・・・・

4択問題よりも
2択の【一問一答式】のほうが
本当に集中して問題の理解度を高めることができます。

2つの過去問でダブル効果が見込める!!

早い段階で理解度を深めたい場合
2択の一問一答式が非常に有効的であることを
解説させて頂きました!

過去問学習では・・・・・

ただ解いていても
理解度を高めるには
かなり時間がかかってしまい効率が悪いです。

そのため
より効率よく理解度を深めたい場合には
【一問一答式】で
十分に過去問の理解度を上げておいてから
理解度が深まったタイミングで
【4択の多肢択一式】を
勉強しいていくのがオススメとなります。

つまり
2択から4択に移行することで・・・・・・

基礎から応用へのうまいバトンタッチになるのです!!

この方法を取り入れることで
普通に過去問学習をするよりも
【ダブル効果】により
2倍にも3倍にも理解度を深めることができるでしょう。

【まとめ】

過去問学習をする際は
意味を理解することが重要となり
【一問一答式】での2択で勉強することで
理解度を深めることができます。

普通に過去問学習をするよりも
【ダブル効果】により
2倍にも3倍にも理解度を深めることができるでしょう。

最後になりますが
こちらの動画もおすすめです!