宅建試験試験対策本質とは?!

合格できた人は知っていた?!

宅建試験の本質の部分に迫りました!

sponsored link

宅建試験の試験対策をする重要性

宅建試験の場合
独学であっても
試験対策は必要です。

ただ何も考えずにテキストを
読んでいても合格はできません。

合格した人のほとんどが
対策を練って勉強した結果
合格しているのです。

不動産のスペシャリストになる必要なし

不動産業の仕事をしている人が
宅建試験の勉強をしていると
必ずといっていいほど
話す共通の言葉があります。

「試験の内容と実際の業務は
全然違うよね….」

つまり
試験と不動産の仕事は
別で考えたほうが良さそうです。

宅建試験のスペシャリストを目指すイメージ

宅建試験では
不動産業のスペシャリストを
目指す必要はありません。

宅建試験を勉強して
不動産業で活躍すると考える必要はなく
試験勉強中はとにかく
『宅建試験のスペシャリスト』
目指してください。

「どんなことを意識すれば
合格に近づくのか?」
勉強をしながら考えるべきです。

こちらの動画で
試験対策について
↓解説しています!

まとめ

宅建試験で
ライバルと差をつけるためには
がむしゃらに勉強するだけではなく
しっかり試験対策を意識してください。

そのうえで
本当の不動産の業務とは
しっかり分けて
考える必要もあります。

最後になりますが
合格できる人
できない人について
↓解説してみました!