結論宅建試験
独学受かるのか?!

毎年大人気資格の宅建試験。

でもやっぱり
独学でやり切れるか
不安になりますよね…

そこで
結局のところ
独学で合格を勝ち取れるのか
詳しく解説していきます!

sponsored link

宅建試験は独学で合格できる?!

試験

ズバリ皆さんの予想通り
宅建試験は独学で合格できます!

しかし・・・

その割合を探っていくと
かなり低い数字の合格率です。

宅建試験合格率は受験者数の例年約15~17%ですが
独学だと受験者数の5~7%なんて
言われたりしています。

はっきりとした数字は出ていませんが
受験者の20人に1人なんて
割合かもしれないと
噂されているほどです…

ただし
ここで不安になる必要はありません。

多くの受験者の方を見てきましたが
粘り強く正しい方法で勉強されている人は
独学で合格を勝ち取っています!

あくまで噂されている
数字での判断ですと
難しいように感じてしまいますが
実際には独学合格されている人も
多く存在するのです。

独学で宅建試験を合格できる人とできない人のたった一つの違いは?

独学で宅建試験を合格できる人と
できない人では大きな特徴の違いがあります。

ここでは
二つに分けて解説していきます!

独学で合格できる人の特徴

グラフ

独学合格している人の特徴は

「継続は力なり」

この言葉につきます!

ただし
「継続」するだけではなく
宅建勉強がしっかりと
習慣化されている特徴があります。

・朝の通勤前に毎日
・帰宅後に夕飯を食べる前に必ず
・一日必ず2時間

上記は例の一部ですが
習慣化されている分
それをやらないとむしろ
「気持ちが悪い」
いったような感情なのかもしれません。

独学合格できる人の特徴は
ボディビルダーの方々が
筋トレを習慣化させて
筋肉を大きくしていくようなイメージに近く
勉強を積み重ねていき
大きな知識量をため込んでいくのです。

独学で合格できない人の特徴

反対に
独学合格できない人の特徴は
勉強を習慣化させることができない人です。

自分自身で
勉強をするというスイッチが押せないため
毎日なあなあになってしまい
上手く試験勉強をこなせない特徴があります。

こういった特徴の方は
塾やスクールで
強制的に勉強する方法が
向いている可能性があるでしょう。

ただし
強制的に近い方法さえ取れば
勉強できるため
「勉強しなければご飯を食べれない」など
自分で自分にルールをきめてしまうなど
克服するための方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

最後に

宅建試験は
独学で合格することが可能です。

独学で合格を目指すためにも
勉強の習慣化を身に着けて
レベルアップしていきましょう!

どうしても
勉強の習慣化が難しい方は
強制的に勉強できるように
自分自身にルールを設けて
勉強していければいいと思います!

宅建など些細なお悩みは
公式ラインのチャットで
お気軽に受け付けています!
▼▼ライン公式▼▼