宅建試験
勉強開始したときは
市販テキスト
購入しますよね。

このテキストを使った
勉強法はご存知ですか?

今回は
市販のテキストを使った
正しい勉強法について
解説していきたいと思います。

sponsored link

宅建勉強の市販テキストの勉強は重要?

テキスト

宅建試験の勉強を開始するとき
とりあえず市販のテキストは
購入すると思います。

しかし
宅建試験において
テキスト勉強はどのくらい
重要なのでしょうか?

ここでは
分けて解説していきます。

宅建試験はテキスト勉強だけで合格できる?

宅建試験は
テキスト勉強だけで
合格できるのか?

結論から言うと
テキスト勉強だけでは
合格することはできません。

実は
宅建試験の
勉強範囲というのは
とてつもなく広く
分野だけでも
4つに分かれています。

一つの分野だけ取ってみても
膨大な量の勉強範囲なので
テキストでは過去の試験に
出たところを参考に
絞ってくれています。

それでも
勉強する量は多く
人間の記憶力には限界があるので
テキストを丸暗記すること自体が
非常に難しいのです。

このような理由から
宅建試験では
市販のテキストを勉強しただけでは
合格することができない
いえるでしょう。

テキストの流し読みはNG?

それでも
テキスト勉強をすること自体は
悪いことではないので
テキストを使って
勉強することは問題ないです。

ただし
テキスト勉強の注意点として
流し読みをして勉強した気に
なってしまうことに
気を付けましょう。

アリがちなのが
図書館に行って
勉強時間を設定して
テキストを開いて
「なんとなく読んで」
勉強終了のパターンです。

これでは
勉強した気になっただけで
レベルアップしているとは言えないので
あまりおススメできません。

宅建一発合格者が教える市販テキストの正しい使い方!

sponsored link

では
どのようにして
市販テキストを使って
勉強していけばよいのでしょうか?

ここからは
実際のテキスト勉強の
正しいやり方について
解説していきます。

テキストは何回読めばいいの?

まずは
市販のテキストを
購入してきたら
一回だけ読んでください。

ここで重要になるのが
テキストの内容を
覚えようとしなくて良いです。

というのも
先ほどもお話しした通り
記憶しようとしても
すぐに忘れてしまうので
じっくり読む必要はないと思います。

まずは
「宅建の勉強はこんな感じなんだぁ」
感じ取るだけでよいので
1回だけ読んで
興味を持てると良いでしょう。

テキストの正しい使い方

テキスト

テキスト勉強の
正しい使い方は
ずばり「過去問学習」の
解答解説を読んでも
よく理解できないときに
使用する方法です。

宅建試験では
過去問学習が
合格への一番の近道と
いわれています。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
【中卒】宅建一発合格者が教える過去問が最重要だと言われている本当の理由!

過去問学習は基本的に
問題を解く⇒解答解説を読むという
流れになります。

この解答解説を読んで
問題と答えの意味を
理解しようとするのですが
どうしても理解できない
問題が出てきてしまうのです。

そんな時に活躍するのが
市販のテキストになります。

市販のテキストは
過去問に出てくる問題の
基本的なことは書いてあるので
解答解説よりも分かりやすく
理解しやすいことが多いでしょう。

つまり
過去問学習が基本的な勉強で
その過去問学習を助けてくれるのが
市販テキストというイメージです。

市販テキストは
丸暗記はできませんが
過去問の意味を
理解しようとするときは
必要な最強のアイテムと
いえるでしょう。

まとめ

過去問学習を
開始するときに
市販のテキストを
購入することは一般的です。

それでも
テキスト勉強だけで
宅建試験に合格することは
難しいでしょう。

宅建試験の勉強では
過去問学習が王道となるので
テキストを読むのは
一回で十分です。

重要なのは
過去問学習の
解答解説を読んでも
いまいち理解できないときに
テキストを読んで
意味の理解度を深めることになります。

このブログでは
宅建試験の中卒一発合格者が
ステップ順に勉強法を
詳しく解説していますので
ぜひ参考にしてみてください。