合格者が語る】宅建勉強時間どのくらい

おすすめ参考書は?

「宅建なんて簡単だよ~」

少し勉強すればとれるよ!」

そんな話を私もよく聞いていました。

でも
実際に勉強してみたら
めっちゃ大変でした!

これだけは断言できますが
なんとなく勉強して取得できるほど
簡単な試験ではないです。

しっかり計画して
勉強時間を確保しなければ
合格は厳しいでしょう。

そこで今回は
これから宅建を目指す人向けに
宅建の勉強時間について
お話していきたいと思います。

sponsored link

独学で合格を目指すためには宅建の勉強時間はどのくらい必要なの?

時間

独学で合格を目指すためには
宅建の勉強時間は
どのくらい必要なのでしょうか?

一般的に言われている
宅建の勉強時間は
大きく開きがあり
100~500時間と言われています。

100時間で
合格する人の多くは
大学生など
勉強に集中する時間がある人です。

そのため
よほど集中して勉強する時間が
取れる人でない限り
100時間で合格することは
難しいでしょう。

人それぞれの
ライフスタイルがあるので
一概には言い切れませんが
毎日コツコツ勉強するスタイルでも
300時間以上は
余裕をもって勉強に取り組みたいですね。

宅建を独学で合格を目指したい方は
こちらの記事をどうぞ!
【必見】宅建を独学で合格する方法とは?!

合格するために上手な勉強時間の作り方は?

sponsored link

合格するために
上手な勉強時間の作り方について
解説していきます。

勉強スタートは5月がベスト?

勉強スタートは5月からが
一番良いでしょう。

宅建の勉強時間を
300時間と設定した場合
一日に1時間勉強すると
300日必要となります。

これが2時間だと
150日ですよね。

150日といえば
およそ5か月間ですので
余裕を持って取り組むには
試験の5か月前くらいが
一番効率が良いでしょう。

また勉強が早すぎると
試験の前に勉強理解度が
ピークを迎えてしまう恐れもあり
個人差はありますが
ちょうどいい時期は
4~5月くらいなのかもしれません。

朝は脳がフレッシュな状態なので勉強がおすすめ

朝は脳がフレッシュな状態なので
宅建勉強はおすすめの時間帯です。

夜になると
急な予定や一日の疲れで
うまく勉強ができないことも。

朝に勉強をしっかりすることで
夜はしっかり睡眠時間を確保できます。

睡眠をしっかりとることで
脳はフレッシュな状態で
勉強に取り組めるので
勉強もはかどることでしょう。

宅建勉強を習慣化してしまう

宅建勉強を
習慣化してしまうことも
おすすめです。

「今日も勉強かぁ…」と
悩んでいると
億劫になってしまい
勉強に集中できません。

できることならば
毎日同じ時間に
勉強してしまうことで
宅建勉強自体が
習慣化されることで
脳のストレスも軽減されます。

毎朝6時から8時まで勉強など
決めてしまうことで
当たり前に毎日勉強できるので
おのずと勉強時間も確保できるのです。

宅建学習でおすすめの参考書は?

読書

宅建学習で
一番のおすすめは
間違いなく過去問題集です!

これは
有名な講師の方など
皆さん言われていますので
知られている方も多いですよね。

過去問ばかりやっていると
答えを覚えてしまうのでは?

そう思ってしまう人も
いるかと思いますが
大切なのは
過去問を解いて
間違えてしまったとき
「なぜ間違えたのか?」を
徹底的に考えて
調べて学習することです。

このステップが間違いなく
一番大切です!!

本試験の問題を作る人たちも
過去問を参考にして
試験問題を作るはずなので
傾向的にも
勘を鍛えやすいと思います。

逆に
参考書については
どれを選んでも変わらないくらい
内容は重要ではないので
自身で読みやすいものを
本屋さんで購入するのが
良いでしょう。

私も一番勉強時間を費やした
過去問題集は
オススメになります!

最後に

宅建の勉強時間について
お話ししました。

勉強時間には
個人差はありますが
できれば300時間以上は
余裕をもって挑みたいですね。

そして
時間数も大切ですが
日々の習慣化を
意識したいところです。

参考書については
一番大切なのは
過去問題集になりますので
ここは必ず時間を割いて
勉強に励むと良い結果が
期待できるでしょう!

最後になりますが
さらに詳しく
宅建を独学で合格を目指したい方は
こちらの記事をどうぞ!
【必見】宅建を独学で合格する方法とは?!