宅建試験合格出来たら
凄いのか?

合格するためには
効率よく勉強をしたいですよね。

今回は
効率よく宅建合格するための
勉強の考え方について
詳しく解説していきます!

sponsored link

宅建試験は合格したらすごいのか?

不動産カード

宅建試験の勉強していたら
難しいと感じて
やる気が出ないことも
あるかもしれません。

宅建試験に合格出来たら
どのくらいの価値があるのでしょうか?

表

宅建試験の受験者数は
毎年約20万人で
合格者数は約3万人です。

合格率にすると
約15%で6~7人に一人が
合格できることになります。

勉強してきた人たちの
6~7人に一人と考えれば
簡単な試験ではありません。

合格することができれば
一つの大きな自信に
つながるかもしれませんね。

効率よい勉強のやり方や考え方は?

sponsored link

宅建試験を合格するためには
効率の良い勉強をしていきたいですよね。

そのための考え方についても
分けて解説していきます!

普段の勉強から試験当日を意識

効率よく勉強する一つとして
普段の勉強から
試験当日を意識することも
とても大切です。

単純に勉強して
内容を理解していくだけでは
本番に実力を発揮できる
確証がありません。

実践を意識して
過去問学習も
宅建業法⇒民法⇒法令⇒税その他など
問題を解く順番も決めておくなど
自分なりの工夫が必要です。

詳しくは
こちらの記事もご覧ください。
【中卒】宅建一発合格者が教える実践向き勉強法とは?

その他
過去問題集の勉強は
机の上に筆記用具のみにして
タイマーで時間を計り
本番を想定することを
徹底していくことで
「知識」を付けながら
〝実践感覚〟も味わえるので
効率の良い勉強法となります。

効率よく勉強するための考え方

ノート

効率よく勉強するための
考え方として
毎日の勉強時間を
しっかり決めていることが
理想的です。

私自身経験したことですが
どうしても
目標設定のない勉強というのは
メリハリもないですし
力がつきにくいように感じます。

勉強というのは
継続して続けることで
理解度が増していき
実力がしっかりしていくものです。

一日14時間勉強しても
その後の1週間
勉強をしなければ
なんの意味もありません。

それであれば
毎日コツコツと
2時間勉強したほうが
確実に効率よく
実力アップするのです。

計画性が大切とは言いますが
月単位でしっから目標を定めて
毎日継続して勉強をすることが
合格への最大の近道だと思います。

計画の立て方については
こちらの記事をどうぞ。
【必見】宅建合格というゴールから逆算して勉強計画を立てる方法

まとめ

宅建試験は
合格率15%程度のため
そこまで簡単な試験ではないです。

合格することができれば
大きな自信になりますので
ぜひ合格を目指しましょう。

合格を目指すのであれば
効率よい勉強法や
考え方が大切。

継続して
毎日コツコツ勉強することで
合格率は飛躍的に上がるでしょう。

このブログでは
宅建試験の勉強法や
考え方を詳しく解説していますので
ぜひ参考にしてみてください。