宅建試験本番難しい

失敗しないために意識することは?

宅建試験本番
緊張して実力が出せないことは
避けたいですよね。

そのためにも
メンタルを鍛えて
合格率大幅アップしたいと
思いませんか?

今回は
宅建試験当日の本番を
意識して勉強する意味について
解説していきたいと思います。

sponsored link

宅建試験の本番は難しい?

マーク

宅建試験の本番の問題は
難しいと考えていたほうが良いです。

というのも
何回目の受験なのかにもよりますが
緊張状態で初めて見る問題を
解いていくわけですから
簡単に感じることはありません。

特に初受験の場合
何もかもが初めてに感じて
集中力を保つのが大変です。

事前の勉強から
難しいと感じなくなるまで
過去問で訓練していることが
合格へのカギになると思います。

過去問学習の勉強法については
こちらの記事をどうぞ!
【中卒】宅建一発合格者が教える過去問が最重要だと言われている本当の理由!

メンタルを鍛えて合格率大幅アップ?!

sponsored link

私が宅建試験を受験したときは
初受験ということもあり
とても緊張したのを
はっきり覚えています。

その経験から
事前にメンタルを
鍛えておくことが
おすすめです。

ここでは
その方法を分けて解説していきます。

公開模試を会場に受けに行く

本番試験を受ける感覚で
公開模試を会場に受けに行く方法です。

これは
本番試験の緊張感を
事前に味わうことで
実力を出せるように
訓練する意味があります。

しかし
注意点として
ここの得点を過度に
気にしないことが大切です。

これは
市販の予想問題にも
言えることですが
本番試験よりも
難しく作られています。

これは
個人的な意見になりますが
ひっかけ問題も含め
模試や予想問題は
難しい可能性が高いです。

もしも
簡単に作ってしまえば
受験した人や購入した人が
勉強意欲が弱まってしまう
かもしれません。

色んな意味で
得点が低くても
落ち込む必要はないので
場の空気に慣れるくらいの気持ちで
受けるのもアリです。

本番を何度もイメージする

イメトレともよく言われますが
これは本当に大切です。

どうしても
本番を想像すると
緊張や恐怖が出てきてしまい
想像することをやめてしまいます。

しかし
一番効果的なのは
何度も本番を意識して
当日に緊張しないよう
訓練することです。

寝る前に
試験場で受験している
イメトレをするでも
いいでしょう。

なんども
イメージしておけば
本番での緊張は
多少なりとも取れるのです。

宅建試験当日の本番を意識して勉強する意味とは?

テキスト

宅建試験で
本番当日を意識して
勉強する意味は
緊張しないで
実力を出し切る意味以外にも
あります。

それは
単純に勉強して
知識を深めるだけでなく
ダブルで試験対策になるので
効率がすごく良いです。

ただ
本番で使うと決めた
筆記用具を使用して
勉強するだけでも
勉強+本番対策となり
効率UPは間違いないでしょう。

そして
厳しい言い方をすると
本番の試験で
実力を出すことができなければ
なんの意味もありません。

そのため
日々の試験勉強中から
本番を意識した対策ができていう人が
合格に近づくと思っています。

実践向きの勉強法は
こちらを参考にしてください。
【中卒】宅建一発合格者が教える実践向き勉強法とは?

最後に

宅建試験本番は
とても緊張します。

緊張しすぎて
リラックスして
試験を受けられないと
実力を出し切れません。

そのため
普段から本番を意識して
勉強できるかはとても
大切です。

ただ勉強するだけでは
もったいないので
ぜひ実践してみてください。

このブログでは
本番も含め
どのような精神面で
宅建試験に挑むべきか
ご紹介していきますので
参考にしていただけたら幸いです。