宅建試験直前対策準備は?

前日当日心がけることは?

試験直前になればなるほど
緊張不安が出てくるかもしれません。

今回は
試験直前に見てほしい
前日や当日に心がけることなどを
まとめてみました!

sponsored link

宅建試験の直前の対策や準備は?

テキスト

宅建試験直前となれば
対策や準備は
終盤になってきます。

ここまでくると
思いっきり
本番を意識した
練習が必要です。

過去問を本番試験の
テストの練習として
時間を計りながら
問題を解いていきましょう。

本番を意識した勉強法は
こちらです。
【中卒】宅建一発合格者が教える実践向き勉強法とは?

また
試験直前は市販の予想問題で
勉強する人も多いでしょう。

しかし
市販の予想問題は
本番試験よりも
難しく作られていることが
多いので点が低くてもあまり
気にしないようにしましょう。

とにかく
試験直前に
自信を無くしてしまうことは
一番良くないので
勉強中も自信をもって
勉強すると良いです。

宅建試験の前日や当日に心がけることは?

sponsored link

試験前日や当日に
心がけることを
分けて解説していきます。

試験前日の準備は?

試験前日は早く就寝して
睡眠時間は長めに
とっておきたいですね。

当日の
試験開始時間が
13時なので
夜遅くまで勉強するよりは
早く起きて勉強することも可能です。

普段と同じくらいの時間に
就寝しておくことで
いつも通りの
パフォーマンスができるので
睡眠は確保しておきましょう。

また
前日までには
試験当日に必要な
持ち物は準備しておけば
当日は気持ちに余裕が持てるので
事前にやっておきましょう。

さらに
これは個人的な意見ですが
当日の自分自身の行動を
前日のうちに
イメージしておくと良いです。

起床して
出発後に電車に乗り
現地到着後
席について
試験が始まり終わるまでの
イメージをしておくことを
おススメします。

何でもそうですが
行き当たりばったりよりも
イメージしておくことで
当日の行動に迷うことなく
自信を持つことができます。

電車一つにしても
時間まで把握しておけば
迷う時間を無くすことができるので
オススメですね。

試験当日に心がけることは?

マーク

試験当日に心がけることを
分けて解説していきます。

当日は自信をもって試験に臨む

本試験当日は
緊張感で空気に
飲まれてしまわないように
気を付けておきましょう。

当然ですが
試験当日となれば
不安な気持ちが出てしまいますが
自信をもって
試験に挑むべきです。

心理学的には
背筋を伸ばして
歩くことで
少し自信が持てるようなので
当日意識してみると良いでしょう。

とにかく
当日はある意味
『やるだけ!』と開き直って
緊張しないように
心がけましょう。

本試験前の数時間で実力は上がらない

当日は
試験会場で
受験生がギリギリまで
勉強しています。

しかし
本番前の数時間の勉強で
一気に実力が上がるとは
考えにくいです。

暗記問題を
試験直前に覚えようとしても
逆に頭が混乱してしまう
危険性があります。

それであれば
試験会場では
宅建業法の基礎中の基礎を
確認するくらいで
取れるはずの点を
取りこぼさないようにすると
良いでしょう。

注意点としては
自分自身が苦手と思う分野を
直前に勉強して
焦って自信を無くすことは
避けましょう。

試験中にパニックになった時の対処法

パニック

当日は
緊張や不安から
実力があるのに
本番で頭が真っ白になってしまうことも
考えられます。

もしも
難しいと感じる試験問題があり
頭が真っ白になってしまったら
その問題は
印をつけて飛ばしてください。

結局
悩んでいる時間がもったいないので
次に進んでいくことで
時間効率が良いです。

また
戻って解けばいいだけなので
解ける問題から
解いていきましょう。

さらに
問題を解いている間に
焦ってしまっても
気持ちを落ち着けるように
心がけてください。

「まだ時間はあるから大丈夫」

「解ける問題に集中していけばいい」

頭の中で
自分自身に言い聞かせ
精神を落ち着かせましょう。

最後に

試験勉強の直前ともなれば
不安な気持ちが
出てきてしまいます。

本番を意識した
勉強を続けて
不安にならないように
自信を深めましょう。

試験前日は
十分な睡眠と
当日の持ち物は
用意しておくと良いです。

当日は
実力を出し切れるように
自信をもって試験に挑むよう
こころがけましょう。