2022年(令和4年度)宅建試験
本当にお疲れ様でした!

受験生の皆様は全力で取り組んだと思われます。

やはり一番気になるのは今年合格ラインの得点です。

今年の合格点について更新していきます!

sponsored link

2022年宅建の合格点(合格ライン)は?

ステップ
2022年宅建の合格点(合格ライン)について
大手各社で予想を発表しています。

主な各社の予想は下記となっています。

36点±1予想
・LEC
・ユーキャン
・日本ビジネス法研究所
・日建学院
35点±1予想・資格の大原
・フォーサイト
・教育プランニング

その他34点、33点と予想は割れています。

予想が割れてしまった原因の一つとして
分野によって昨年と難易度の差が違ったことが
影響していそうです。

宅建業法は昨年よりも
難しくなかったように感じましたが
民法はやや昨年以上の難しさを感じました。

ただし例年も大手各社が大きく外すイメージはないため
34点~36点くらいに落ち着くと予想します!

過去の合格ラインの最高点と最低点は?

グラフ
過去の合格ラインの最高点は
令和2年度試験の「38点です」

過去最低点は平成2年の
「26点」となっています。

そのため余程のことがなければ
「38点」以上の得点をとれていれば
合格できるでしょう。

最後に

2022年(令和4年度)宅建試験
本当にお疲れ様でした!

合格ラインですが
今年は結構割れています。

大手各社が大きく外すイメージはないので
34~36点と予想します。

今年ダメだった人も
来年があるから大丈夫!

宅建など些細なお悩みは
公式ラインのチャットで
お気軽に受け付けています!
▼▼ライン公式▼▼

sponsored link
この記事が参考になった場合は
SNS共有をお願い致します!