賃貸契約キャンセルしたい

入金前後審査前後
違約金どうなる

引っ越し
賃貸契約をするとき
少し迷っていた場合
キャンセルできるか
気になりませんか。

契約後
キャンセルできるのか?

違約金などはあるのか?

賃貸契約のキャンセルについて
お話していきます。

sponsored link

賃貸契約はキャンセルできるのか?

部屋

気に入った物件が決まり
住む意思が固まると
不動産業者に伝えますよね。

しかし
何らかの理由で
キャンセルしたくなってしまっ場合
キャンセルできるのでしょうか?

結論からいうと
賃貸契約の場合
契約前であれば
どんなタイミングでも
キャンセルすることができます!

賃貸契約は
契約書を取り交わして
初めて成立するものなので
法律上は
契約書にサインを
していないという段階なら
キャンセルしても
違法にはなりません。

基本的に
賃貸契約の場合
気に入った物件があった場合
契約の前に

『入居申込書』

を書かされることが一般的です。

『入居申込書』は
保証会社の審査と
その物件を借りる権利を
大家さんに示すために記入します。

業界では

「1番手」

「2番手」

など入居申込書の順番で
借りる権利順となることが多いです。

こういった段階では
本契約前なので
キャンセルは可能となります。

それでも
契約してしまった場合や
入金をしてしまった場合
保証会社の審査終了後など
様々なケースが考えられますので
次より
お話していきます。

キャンセルできるのは入金前後・審査前後?

sponsored link

賃貸物件の契約は
契約前に不動産業者に初期費用を
振り込むことが多いです。

また
入居できるかどうかの
保証会社の審査もあります。

入金してしまった場合や
審査後でも
キャンセルできるのでしょうか?

結論から言うと
どちらの場合も
キャンセルは可能です。

先ほども触れたように
法律的に契約前であれば
キャンセルは可となります。

そのため
入金後や審査完了後に
不動産業者から

『これ以降はキャンセルできません』

といわれていたとしても
キャンセルできることを
知っておきましょう。

契約後のキャンセルで違約金はどうなる?返金は?

お金

賃貸契約締結後に
なんらかの事情などで
キャンセルしなければならなくなった場合
気になるのが
違約金や支払ったお金が
どの程度手元に戻ってくるのかですよね。

結論から言うと
賃貸契約後は
入居前であってもキャンセルは
〝解約〟となってしまいます。

そのため
契約時に支払ったお金の
全額が返金されることは
ないと思ってください。

基本的に
契約後は
初期費用を支払っているので
追加でお金を請求されることは
通常ありません。

しかし
キャンセルとなった場合
初期費用の中で
支払った〝前家賃〟
(翌月の家賃1か月分の先払い)や
〝日割り家賃〟
(月の途中から入居する場合の費用)
礼金(大家に払う謝礼金)
は戻ってこない可能性が高いでしょう。

それでも
敷金に関しては
預り金となっているので
契約後のキャンセルであっても
返金されるはずです。

その他
保険料に関しては
保険会社のキャンセルのルールに
従うことになりますが
いくらか返金される可能性もあります。

あとは
キャンセルする理由を話して
ある程度事情を
汲んでもらうしか方法がありません。

どうしても
返金してもらわないと
困る事情がある場合は
各自治体の無料弁護士相談に
連絡してみるとよいかもしれません。

最後に

賃貸契約の
キャンセルについて
お話ししました。

契約前ならば
どんな状況でも
キャンセルできる可能性が
高いことを覚えておきましょう。

また
契約後でも
返金されるお金もあるはずですので
しっかり事情を話して
対応してもらいうことが大切です。